2013年06月06日

仲悪い≠喧嘩する(K)

薄曇りで涼しい朝。YOSAKOIが始まってるとは思えない涼しさです。
YOSAKOIといったら28℃にもなる熱気とか雨の中でもタフに演技し続ける踊り子を
イメージしますが、今年は今週末まで概ね22℃前後でそれなりに晴れの予報でした。

たまには創作の話を。相変わらず水面下でもくもく本編小説書いてます。
ウォンとキルトが仲良くならないのは当然としても、仲の悪さが表面化して
一触即発というのも逆になかなかなってくれなかったりして、扱いにくい二人です。
嫌悪しあってるけどそれぞれの事情でやむを得ず一緒に旅をしてるという状況では
可能な限り関わらない、近寄らない、お互いの存在を無視する、といった態度に
なっていくようで、そんな中で敢えてこの二人を衝突させようとするとなかなか
そうはならないというのが分かりました…仲が悪ければいつでも喧嘩させ放題だー
と簡単に考えていた私が浅はかだった。。。喧嘩してください。都合よく。

今回三章では色々書きたい事があったんですが、大事な本筋が見えにくくなり
かねないのでいくつか削りました。そのひとつがラギの内面です。
ラギもメインキャラの一人ではあるのですが、唯一の主人公ではないので
どちらかというとまずウォンの流れを際立たせたいという思いの方が強いのです。
でもここの内面の変化はラギに関しては結構大事なところだと自分では思うので、
あとで短編的にまとめて書いてみたいとか考えています。
posted by SかK at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | メール投稿
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68917982
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック