2011年07月10日

自分の作品の舞台裏(K)

編集作業の方をまとめようとしたら、きりがなかった!
ので、自分のアンソロ参加作品についてだけ、まずは書いてみようかと……。

Kとしての原稿は4コマ漫画が3本(たったの)でした。
描かせていただいたキャラは、ショウ、アニス、ソルト、ワイハ、ケッチャ、
セージ、ヨウマ。すごく脇役キャラ満載になりました。



■プロポーズの言葉は

ショウアニ夫妻は一体どうやって夫婦になれたんだ……?
というところが妄想の出発点でした。すごく考えた!
かたやBLGLNL全部大好きという妄想爆発腐女子(でも上品お嬢様)、
かたや基本的に女性に惚れた腫れたが無さそうなそっけない美形、でも、
この二人の共通点が「自分の隊の隊長が世界で一番好き」なところで……
というところまで考えて、なんか「くわっ」と来るものがあったのです。
そのくわっの勢いでSSを書いてしまい、ああああやっぱりこの二人は
たとえ世界が終わっても(比喩表現)自分たちの一番が隊長であることは
揺るぎない真理なんじゃないかな……! なんてとこまで妄想が膨らんで、
きっとそういう相手だからそういう相手のことを理解して許容して
愛し合っていけたりするんじゃないだろうかみたいなすごい勝手な事を
考えて一人で腑に落ちて納得して、そしてその行き着いた結論を(だけを)
4コマにしてみたのが、この話でした。前フリ長過ぎた。
SS書いたとか前フリの範ちゅうを逸脱してますね……。
妄想ネタバレに過ぎるので未公開です。日本語が意味不明ですね。妄想の
ネタバレなんてバレでもネタでも何でもないですよね……何言ってるの(笑)

普通だったら、結婚相手には自分のことを一番に考えて欲しいと思うものじゃ
ないかな、と……。だけど二人とも、一番は、自分のことだけを一番に考えて
くれる相手ではない人で、それを変えたり諦めたりするつもりもさらさらなくて。
でもお互いがそうだから、お互いのことをそれなりに認め合えるというか、
その考え方や価値観が分からないでもないと思えるのではないかというか……。
そんでそういうの全部引っくるめて夫婦として相手を尊重したり大事に思ったり
そういう関係を育んでいけてるすごくいい例なんじゃないかな!なんてね!


■Sセンサー

アクエリアス隊のレオローラスをキャラデザ参加させていただいたご縁があって、
逆にそのキャラデザに余計なおまけでくっつけて押し付けてしまったケッチャを
さらに図々しくネタに起こすのは……何か凄く気が引けるぞ……と思っていた
はずだったのが、終盤で公式にUPされたキャラ紹介絵のケッチャを見た途端
わぁ!これは描きたい!とか思ってしまってすみませんの気持ちが全開です。
でもアキトさんが描かれるケッチャがすっげーすっげー残念系可愛くて。でした。
そして同様にワイハもすごく描きたいキャラだったのでもう彼はどんなネタでも
絶対に1度は描いてやるんだからね!という誰に対する意気込みかよく分からない
情熱に燃えていました。そんな二人が、どちらもSっ気に対する敏感なセンサーを
持っているような気がしてきたのですが、ケッチャの方は長年のいじめられっこ
生活で獲得したいじめっ子センサーのようなもので、こう、回避に有効な……。
一方のワイハが持ってるセンサーは、自分の好みのS気質をキャッチしては
そちらに向かって突き進んでいくために発達した類い希な……(笑)

なんとなく同じ開発研究系の隊の隊長同士という事で、ワイハとレオローラスの
関係もそれほど疎遠ではないだろうと思ったり、キャンサー隊で無謀な宴会とか
やるたびにアクエリアス隊に運び込まれる隊員たち(隊長含む)とかそんな
日常を想像したりすると、ワイハが好き好んでレオローラスからS成分を
引き出そうとする現場に毎度直面する羽目になるケッチャのやめてください的な
本音が見えるような見えないような……そんな勢いで描いてしまいました。

あとワイハ描きたかったのはシリアス版(めったに見られない)も描きたかった
というのがあって、ネタが出せなかったので欄外に描かせていただきました。
完全な美形じゃない……と思う!でも普段がめっちゃアレでソレなあんな人が
ちょっと整えただけでこーんな!こんなーー!!っていうギャップ萌えです。
もっさもさキャラがびしっとしてスーツっぽい服着たらそれなりに見えるという
あの瞬間が大好きな私でした。シリアスワイハ妄想は年に3回くらいしてます。
Zodiac正式に出て来てからまだ1年経ってないけど多分そんな感じです。


■ヨウマビジョン

ヨウマもケッチャと同様にレオローラスのキャラデザの際におまけで押し付けて
しまった申し分けない感の方が強いキャラだったのでネタを出すなど……!
→公式にキャラ紹介絵UP→以下略の流れでふらふらと描いてしまいました。
ネタを練りながら「セージとヨウマ同い年なのか!」とかあまり接点の無い
キャラ同士のどうでもいいことに気付いてちょっと心が動いたりしながら、
あとヨウマって設定通りだとしたらどんなふうに物を見てるんかなーとか
想像しながらセージに対面してもらったら通路とおれなくなりました。
サジタリアスの隊長と副隊長が並んで歩いてたらもうヨウマなんか
回れ右して戻るしかないんじゃないか!通れないっていうか色々邪魔で
セージの顔とかまともに見えてないんじゃないか!とか勝手な妄想が膨らんで
なんだか楽しくなってきたところで4コマ目が激しくなりました。
あってないようなものでも背景描いた方がいいんだなって気付かされた1本。


とりあえず自分の原稿ページに関する裏話!でした。
アンソロ全体編集作業に関するところは……まとめきれるだろうか(笑)
posted by SかK at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アンソロ企画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46676473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック