2009年09月22日

SWオフ会3(K)

下にSさんに書き込みがあって「あ、オフレポ書いてくれたんだ♪」と思ったら
どこにも<続き>が見当たりませんでした。書こうよ!(笑)

SWオフ兼北海道旅行はまだ続いておりますが、ひとまずSKの参加分は
3日目で終了致しました。まずは3日目の内容を続きから。

「10時半集合でファクトリー行って遊んで午後から円山動物園行って
16時半頃解散」という計画に慌ただしさを感じたSKが、前夜の
0時〜1時という迷惑な時間帯に計画変更を打診してしいまいました。
3日目の円山組の皆さん、申し訳ありません。ご協力ありがとうございます!

3日目は旭山動物園と円山動物園の二手に分かれて観光メインです。
旭山はその知名度、行動展示設備の充実っぷりから全国的にも人気のスポット
ですが、札幌から少し遠くて、普通でも片道2時間以上はかかってしまいます。
その点円山は地下鉄で3駅+徒歩15分程度と程よい近さということもあり、
この日の夜の飛行機でお帰りになる総八さんを寄ってたかって円山へ連行。
冷静に考えると、我儘を叫んではるばる遠出してきていただいたあげく
2日間カンヅメにしてから3日目に半日外を歩かせるなんて思慮の無い…。


ともあれ、予定を変更して9時半に総八さんのホテル集合、動物園先回りです。
朝からびっくりするほど寒くて(地元は4℃でした)今日一日どうなるんだ
と心配していましたが、円山を徒歩で登り始めた頃から徐々に気温も上昇し始め
陽も射してきたおかげで、日中はとても快適に外を楽しめました。
立ってると肌寒いながらも、歩き回れば問題なしのちょうど良さ。
これも同行者のどなたかの日頃の行いが良かったからですね!

本日のメニューをチェックして、すぐにシマウマのワンポイントがあったので
まずはシマウマの元へGO。飼育員さんを独占して散々質問しました。
ところで動物園って、なかなか目的の場所にスムーズに行けなかったり、
効率良く回ろうと思っても無駄にぐるぐるしてしまったり、ありませんか。
今回はなななんと円山組には専属ガイド(爆)が付いてくださって、私たちの
っていうか主に私の我儘に応えて非常に適切に連れ回ってくださったおかげで
完璧に無駄無くそして漏れ無く完璧に見て回ることができてしまいました…!
クロサワさん、本当にありがとうございます!!
お礼があのお題の涙だけだったなんて足りな過ぎる(アレはお礼に入りません。)

ユキヒョウのツインズは高台でお昼寝しててみみとしっぽしか見えませんでした。
ライオンも可愛くかたまってお昼寝中です。昼間だから仕方がない。
しかしオオカミは活発に見せてくれました!
ガラス越しにべしべしと立ち上がって猛アピール。
お肉をもらって自分の場所に持ってって元気にスジと格闘。
それを上からじっと狙うカラス。一瞬目を離した隙に滑空してくるカラス。
大急ぎで戻ってきてカラスを追っ払うオオカミ、ひらりと逃げるカラス。
いや〜いい場面に出くわすことができました。これも同行者の日頃の行いが(ry

海獣舎では、プールを覗き込んだらトドが寄ってきてこっち側ばかりくるくる
回って見せてくれたり、アザラシは不思議なポーズで歓迎してくれたり、
ほんと誰の日頃の行いが良かったんでしょう。

ホッキョクグマのツインズは、多分おとなしい方が母親と一緒にお昼寝中。
でもやんちゃな方が一頭で遊んで見せてくれました。
ポリタンク(かじっちゃって底が抜けてる)の取っ手をくわえて、プールに
放り投げる。えーいっ。そして自らもプールに飛び込む。とりゃーっ。
ざぶ〜ん。プールの中でがしがしポリタンクと格闘する。お腹に抱えたら
両手足がプールから飛び出して空を切る。肉球まる出し……!!///
再び取っ手をくわえることに成功して、プールから押し出す。自分も上がる。
再度プールに投げる。そーれっ。そして自らもダイブ。うりゃーっ。どぼ〜ん。
何回も同じこと繰り返してるんですが本気で遊んでるのが伝わってくるので
もーおっかしくって楽しくて可愛くて笑いが絶えませんでした(笑)
たまに底の抜けたポリタンクを頭から被っちゃったりね!(笑)
2頭で遊んでるところが見られませんでしたが、1頭が2頭分見せてくれました。

熱帯鳥類舘ではキンランチョウなど珍しい綺麗な鳥を見事発見できたり、
スケさんがオハヨーおはよーと挨拶いっぱいしてくれたり、ナキサイチョウの
声にぎょっとさせられたり、キジもクジャクものそのそアピールしにきてくれたり
これまた色々楽しめました。みんなサービス精神旺盛です。
総合水鳥舎ではタンチョウが小魚をびしびし叩いてつっつくところを
わざわざ見せに来てくれました。ありがとう。ペンギンはあれはサービスなのか
粗相なのかどっちだったんでしょう。しかし一体誰の日頃の行いが(ry

昆虫館・爬虫類館ではナナフシがちょっと草の種類間違った場所に居たり
チョウの卵〜幼虫が蜜柑の葉っぱをもくもくと食べるところまで段階的に
一度に見ることができたり、17匹のワニの赤ちゃんが可愛くて悶えてみたり、
はく製のように動かないワニの瞬きの瞬間を見たり、リクガメがとことこ
歩いてるところを目撃したり、コモドの見事な体格が間近で見られたり、
ヘビがガラスにぺったり寄り添っていてまるでホースのように見えたり、
とにかく色々楽しめました。日頃の行いって大事ですね!

スローロリスは夜行性の動きを楽しめるように、かなり真っ暗な部屋の中で
見ることができました。3頭が、折り重なるようにゆっくりゆっくりと
枝を伝って下まで降りてきて……え、そこ途切れてるんだけどどうするんだ(爆)
あ、あ、ああーそんなひどい、先に行った奴の腹を蹴って離れた枝を掴む。
もう片方の手も掴む。しかし足が届かない(爆)のばす、空を切る、のばす、、、
微調整を繰り返しながら無事に離れた下の枝に移動。とかいうことを3頭頑張る。
スローだけど頑張って動くなぁ。と思ってたら先に行った奴が目の前のエサ台に。
い、いつの間に食べてたんだお前……!遅いと思ってたら、早!(笑)

最後にこども動物園に入ったんですが、チャボたちのところで卵が産み落とされ
それをクジャクが目ざとく見つけて一瞬で平らげてしまうところを目撃して
本日最大の衝撃イベントとなりました。
そんなところで産み落としていいのか(高さ1.5mくらい)とか、
このためにクジャクも一緒に放されていたんだろうか(卵処理)とか、
純真なこどもにこんな自然の摂理を見せたかったんだろうかとか、
色々なことが頭をよぎりました…(笑)
行く先々で、特に狙ったわけでもないのに色んなものを見ることができて
とても良かったです。動物園ってこんなにアクティブに見れるんだ…!

とかなんとか呑気に楽しんでいたらアキトさん率いる旭山組からメールです。
『大変です!』
びくっ。もしかして誰かケガしたとか事故ったとか遭難したとか…!?
『渋滞がすごくてまだ動物園に着きません…!』
ええええええー!?(×5人の叫び)
まだ、ってだってもう13時です。帰りの時間も考えると、かなり見て回る
時間が限られてきてしまうのではないでしょうか……!
晩ご飯のお店もこの日は早めに予約してしまっていたこともあって、そこから
アキトさんとしばらく調整させてもらって、とりあえずお店は8時に変更と
なりました。実はこの日は少し早めに上がらなければならなかったKは、
クロサワさん共々、旭山組と再会することなく解散となってしまうことに。
ああー、ラムしゃぶ食べたかった……!自分で食べたくて予約したのに!(笑)
どうか旭山組の4名が、楽しんで見て回れてますように。

動物園があまりにも充実し過ぎてて、お昼を食べに札幌駅のら〜めん共和国へ
戻ってきたのがもう2時半頃。お腹ぺこぺこでした。健康的だ…!
総八さんに選んでもらって(何だか誘導した気もする)入ったお店で
5人で座れるボックス席みたいなところがあいていて、しかも入った途端に
お店が混み始めてここでも何という幸運状態でした。
この日は全員の日頃の行いの良さを全部出し切ったのかもしれません(笑)
居心地が良過ぎて、回転の良いお店なのに1時間ほど居座ってしまいました。
ラーメン美味しかったです。鶏ベースのスープが飲めそうなくらい美味しい。

けっこうくたくたになったことと、残り時間もあまり多くないこともあり、
ファクトリーの予定はキャンセルして、あとはどこかでまったりしましょう
ということになりました。駅の適当なお店に入り、私は総八さんの荷物を
ホテルまで取りに行くのにお付き合い。総八さん独り占めタイム満喫です(爆)
お店でも飲み物を片手に、まったりまったりおしゃべり。名残惜しい……。
しかし大変楽しいひとときでした。後を引く余韻でした。
17時をもって総八さんがエアポートへ。4人でお見送りして、めでたく
円山組の3日目は無事終了となりました!

その後、旭山組の皆さんも無事に晩ご飯に辿り着けた様子を確認したり、
総八さんが無事に向こうの空港へ降り立ったことを確認したりしながら
Kは寝てるんだか起きてないんだか分からないような状態で風呂に沈みました。

さあ、この珠玉の頂き物たち……どう料理してやろうか……!!
(=見せびらかしたくてたまらない)
posted by SかK at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オフ会情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32319402

この記事へのトラックバック