2009年06月28日

Elysian 12 イベントレポ(K)

あらためまして、今日は関係者のみなさまお疲れさまです!
いつも通り自分たち用に今日のレポートをまとめます。

経験的にイベント朝のSさんは遅れてくるものという認識でサークルチケットもKが持参したことだし焦ることなく心穏やかに待ちます(笑) そして今日の帰りには設営の一番最初に必要なクロス(布)もKが預かってきたので次回woRks(未定)には今度こそサークル参加時間内での設営完了が実現するかもです!

Elysianは他の個人主催小規模イベントに比べて(市民会館系とかではないので)参加費が少しだけ高めです。1SP1200円。なのでえすたし庵は基本的に1SP参加です。というか最近のElysianは申し込み多数で常に全員1SP態勢なのですが(笑) しかしペーパー含めて全部A5のものを横並びにすると1SPからはみ出しました。厳密にはA5を6冊分でぴったりサイズなのですが、序章本を裏表で並べようとすると1冊分だけ足りません。いや、裏でも表でも同じなので並べなきゃいいのですが……並べたいので! 今後、これにポスター用みたいなスタンドを立てたり、ポストカードの塔を立てたりすると明らかに工夫が必要な感じです。頭を使う時がいつか来そうです。そう遠くない未来に。

会場の雰囲気は全体的に良好だったと思います。何よりもにぎわいがありました。前回の東方ぷちに殺到する波のような勢いもなく、創作系の列にもSPを眺めながら通りかかる方は多めだったように感じました。客層が違う、という気がしたのはKだけでしょうか…? いい傾向なのか、悪い傾向なのかということは特に無いだろうとは思うのですが。

Elysianは参加型企画が3つあって、イラストは用意できなかったのでとりあえず表紙コンには参加してみようか、ということで新刊を置いてきました。ついでにイラコンを見たらエントリ3点……。なんということでしょう。表紙コンは参加者が多いんですよ。やっぱりジャンル不問だし新刊出してればどのサークルさんでも参加できますもんね。分かります。しかしイラコンはテーマさえ満たしていれば表現の幅は無限だし、何より入選の景品や特典とは別に、参加者全員にパンフ割引券が付くのはイラコンだけなのに、ここまで参加者が少ないのが不思議でした。──かくいう私たちもイラコンにはエントリできませんでしたが。。。つまり、あれです。よーしコンテスト向けにイラスト描くぞー!っていう気持ちなり勇気なり時間なりが、なかなか用意できないんですよねきっと。それがサークル参加者200人超のイベントにあってイラストが3点しか出てこなかった背景じゃないかと思います。

そして今回から始まった一般・サークル全員参加可能の企画、川柳コン。テーマが「本」。Elysianの王道ですね。しかし、企画コーナーに立ち寄ったついでにちらっと見たら、エントリ〆切10分前なのにまだ2点しかエントリしていない…! こ、これは、、、気の毒だ。。。というか参加者の一人として可能な限りの盛り上げる協力をするべきだー! と一人燃えるK。イラコンと違って川柳はその場で閃けば10秒でエントリできます。というわけで、Kはその場で何かを閃かせてエントリしてきました(笑) 最終的にはこれも含めて合計4点のエントリだったようでした。

いつも通りSさんと交代で会場を回ります。今回は先に回らせてもらいました。二次創作で興味のある十二とかヘタとか振りとかを中心になんとなく色々と見て回って調子良くペーパー集めたり無料配布折り本もらって聞いたこともないジャンルだったけどその人が上手くて原作が気になったりとか色々遊びました。あとは気になってたサークルさんが鋼の復刻を持参されてたのを目ざとく発見してGETしてきたり。直参で落選した人が今回委託に回してもらうケースもあったようで、委託SPはいつにもましてぎゅうぎゅうでした。創作も多い……これはやっぱり全国的に創作系の需要が集中してないがために皆さん全国各地を行脚してらっしゃるということなのでしょうか。十二のどれか買いたいと思ってぱらぱら悩んでいたまさにその時、Sさんから携帯メールが!『一章面白かったって!続きも楽しみにしてますだって!』……なんだそれ!お客様か!? そっちの方が気になって気になって本を選んでる場合じゃなくなりました(笑) しかしメールが打てる状況だったということは既にお客様はお帰りになった後ということ……っていうのはSPに戻ってから理解しました。。あー感想を直接聞かせてもらえるチャンスを逃すことは直接参加にあって最大の残念なことです。。。でもいい感想をもらえたという事そのものは無くなるものじゃないですもんね。続きをお買い上げいただけた、とSさんに教えてもらいました。よーしもっと続きも頑張るぞー!!

SPで店番してる間中ずっと考えてたことがあります。次回のElysianです。二日制になり、大分類で日が分かれてしまった次回の参加をどうするか。ESTASIAは100%創作ジャンルなので普通に考えたら大分類が配置されている二日目への参加です。しかし二日目のメインはゲーム、芸能。そこに創作。ある程度の規模のイベントには一般的な分け方ですよね。分かります。でも漫画を読んだり小説を読んだりする人向けに本作ってるという意識の創作ジャンルとしては、ゲームや芸能系の人達やそれ目当ての人達が大半を占める場で浮きまくる気がして不安で仕方がないです…!(汗) うーん創作で二日目への参加はまず無いよね、と二人で何度か話してました。しかしそこに一つの転機が訪れます。ぷちしあん(プチONLY)です。Kが愛してやまない食材の1つであるパン、なんとパンONLYが開催されることが決定したそうなのです。う、うわー参加したい…!! 随想系というか、評論とはおこがましいですが、好きなものや思うことや変な体験記をまとめて工房未満の製本で無料とか実費とかで頒布したい!と、Elysianに参加し始めてからずーっと密かに思い続けてたことだったので、ぐらぐらっと心が揺れ動きました。……とりあえず一次〆切にあたる1ヶ月後までによーく考えてみます……。もしぷちしあんに参加することを決意したら、一次も二次もおかまいなしに既刊全部しょってって、さらにパン系の本とか体験記系の本とか何かを出してるかもしれません。その場合はSさん居ません。よろずで出ます。

1回(かもっと)休んで、しばらくElysianの次の動向を見守る、というのも賢明な対応だとは思います。でも、実際に現場に行ってみてリアルタイムで本当の情報をGETして自分で考えてみたいというのもあるんですよ。あとぷちしあん参加してみたいというのとパンONLY心動かされまくるっていうのと、もうもう……。ああもう。あと一ヶ月は悩んでおきます。

イベント終盤では川柳コンで1位をいただいて景品もらってしまったりとか、アフターイベントのビンゴ大会にSK二人揃ってときめくような景品が出品されていて俄然燃えたのに二人とも全然ダメでしたとか、その後の座談会にも参加してみようかと話してたら発表された複数のテーマのどれにもあまり食指が動かなかったとか、そんなこんなで眠気ピークの二人はだらだらと早めに引き上げて解散とあいなりました。帰りは二人がそれぞれ持参してきた在庫ほとんど全部を受け取ることになっていたので、鞄が、いえKが悲鳴を上げる重さでした(笑) でもこれで、また数冊自宅に在庫が揃って何だか安心です。

今のところ、次回のイベント参加予定はwoRks(未定)です。会場の抽選会が7月らしいのでもうしばらくお待ちください状態です。その前に個人的に二次の某ONLYに参加予定ですがそれは気長にちまちま気分転換で描き進めるのでESTASIAには影響を持ち込まないぜ!です。気がかりといえば、現時点での計画ではサイト更新が中心になっていて秋〜冬までに新刊が出る気配がないということです。新しいものは何かが出てるのですが。それで満足しろというのはちょっと! ということでぺらっとしたものが出てる可能性は大きいと思われます。

なお、本まとめページとか作ろうとしてたりもします。画像さえ用意できればすぐな手応えなのですがそこが最大の問題なわけですね。初冬までしばらくはオフライン休眠期間。じっくりいろいろできそうです。
posted by SかK at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30152098

この記事へのトラックバック