2009年03月06日

woRks表紙メイキング(K)

もどき。

Sさんに触発されてやりたくなって作ってみましたー!
やる気が湧いてくる素敵な週末の夜です。
死亡フラグを薙ぎ倒してKは行きます。

まずはおさらい、先日のざくざくイメージラフです。


woRks16_rough.jpg


どんな絵にしようかなーと考えながら何枚か描いた結果です。
とかいいつつこれは確か2枚めでした。
時間が無かったというのが、だめだめながら最大の理由でした(笑)

そうやって描いたラフでラフで仕方がないものが、そのまま下絵になります。
このあたり、下書き暦生涯累計1年未満のKの下絵クオリティが透けて見えます。


woRks16_rough2.jpg


見てお分かりかと思いますが、下絵と言い張っているラフは
線としてはほとんど無視されています。まさに、イメージラフ……。
イメージそのままで、新しく「次、本番でー」と描き直してるような感じです。

着色する場合はここまできっちりした線引きにはなりません。
もうちょっと思い切りよく手抜きをして工程を移行してしまいます(笑)
今回比較的きちんと線を整理してるのは、印刷されてしまう=粗が丸見え
という背景があるためです。これでも精一杯緊張して線引いてました。


works16_2-2.jpg


大体引くべき線は引き終わりました。次はトーンです。

比較的貼るべきものと貼るべき範囲がはっきりくっきりしている部分から
貼り込んでいきます。例えば、髪の毛や服などの、色的要素の強いトーンです。
ベタとトーンは基本的には同じものという意識で作業しています。


woRks16_rough4.jpg


この辺で「ウォンの髪の毛の濃さとツヤ具合ってどれくらいだろう」と疑問に思い
Sさんに途中の画像を送りつけます。ちょっと光り過ぎてるかなーでもこんくらい、
という回答をもらって髪だけ貼り直したり削り直したり、調整します。

ところで、こういう途中経過の画像がたまたま残っていたからこそ
今さら可能となったメイキングもどき、だったりしました(笑)

ちょっと勇気をもって一部拡大。。。こんな感じで作業画像原寸の50%以下です。
でも描く時はここまで大きくすることは滅多にありません(笑)


woRks16_rough3.jpg


そしてごちゃごちゃと適当な背景を描いたり、目や小物に光を入れたりの仕上げです。
表紙用には右上に文字を入れたんですが、自宅用に文字削って背景入れ直しました。
せっかくなので、印刷用に塗り足し部分を削ってしまったところまで、残しておきます。


works16_genga.jpg


おしまーい!

メイキングで誰が喜んでいるって、SKお互いが一番嬉しいんじゃないかと思ってます(笑)
Sさんの塗りメイキング、初めて見たのですごくためになりました。
そして自分のはすごく役に立たない自信があります。
下絵が下絵になってないとか、ですね!

これからもメイキングできそうな機会があればやってみたい、という気持ちを
形にしました。カテゴリ:メイキング、新設です。
これで、後からメイキングをまとめてページに格納、という作業も楽になります。
posted by SかK at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | メイキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27414265

この記事へのトラックバック