2018年11月07日

woRks HALLOWEEN HAVOC 15 イベントレポ(K)

10/28(日)はwoRks HALLOWEEN HAVOC 15に参加しました。忘れないうちにレポを。

久しぶりの札幌イベントにサークル参加してきました! 主催さんから6年ぶりだと言われてもうそんなに経つのかと驚きましたが、今ブログを振り返ってみると2014年1月の参加レポが最後のようでした。5年ぶりくらいですね。
それでも受付で一目見るなり「Kさん!」と声をお掛けいただきまして、ありがとうございました。主催さんの記憶力すごいなぁ。そしてまた、久々なのに覚えていてくださって続きをお買い求めくださったみなさま、本当にありがとうございます!

当日はこのようなお品書きポスターを吊って設営しておりました。
2018_1027_00.png

通常の会議室机半分が1SPなのですが、最近ずっとテキレボの90x90サイズの設営に慣れてしまっていたので大丈夫だろうかと心配しつつ、まぁ今回は新刊もないし棚があるし既刊を並べるだけなら1SPでいけるだろう…とちょっとお試しの意味も込めての1SP参加でした。

長くなるアフターレポート本編は続きから。(テキレボ程の長さではないですよ)


<経緯とか>
5年ほど東京にいたのでしばらく札幌のイベント参加は御無沙汰しておりました。そのため、何か変わったかなとか、久しぶりだけどお知り合いさんは参加されているのかなとか、様子見のためにもまずは転居後すみやかにイベント参加しようと考えていたところ、ちょうどwoRksHH15が転居後2週間くらいで開催されることを知り、まだ東京にいる間に参加申込をしていました。
woRks初売りになる本が5年分もあるから新刊作業をしなくてもそのまま参加できるし大丈夫だろう、と考えていたけれど、実際直前になってから「そういえば無料配布アイテム何も用意していなかったぞ」とか、「既刊は十分あると思っていたら途中巻が在庫2冊だった」とか色々ありました。どうにか無事参加できて良かったです!(既刊は見本誌含めスレスレで完売しました)
45x90サイズの1SPでの設営も、前回のテキレボでDIYした棚が活躍してくれて問題なく置けました。味を占めたので年明けのElysianにも1SPで参加申込しておこうと思います。こちらは二次創作の方が主流となるオールジャンルイベントなのですが、グッズではなく本メイン頒布を規約に掲げており、また冬でも安心の駅から地下直結で行ける会場という点が大変貴重です。

<イベントの様子>
基本的に即売会半分、交流お茶会半分、といった雰囲気があるのは以前と同様で、サークル参加者同士も常にわいわいしているためか会場内は終始ほどよく賑やかでした。公式情報によると一般参加者数は目標より少しさびしい数だったそうです。お天気が少し雨模様で、日曜の夕方開催という日程もおでかけ難易度が高かったかもしれないですね。
お隣さんが左右どちらもとってもいい人たちで、大変良くしていただきました。ことりさん、或さん、ありがとうございます。おかげでほぼ一人参加状態の私も楽しく過ごせました。ちなみに今回一瞬現れたSさんですが、次回の2月Elysianはどうですかと聞いたところ繁忙期のため厳しいだろうと言われてしまいましたので、Elysianも私は1SP&椅子1で申込みますね。。。でもこちらは、藍色のモノローグの藍間さんが隣接参加してくださることになりました。やったー!お世話になります。
途中でお買い物したくて会場内をうろうろしてたらマイクアピール実施中の主催さんに通りすがりにつかまって「何かしゃべることないのか」とマイクを押し付けてもらったので、とっさに、3月に万年筆の企画本を出すから興味ある人はぜひ声かけてくださいねってどさまぎアピールいたしました。備えあれば憂いなしですね。
イベント中に抽選会も行われるんですが、私はきゆるんねっとの木弓るんさんご提供、からくちセットが当たりました。美味しそうなビーフカレーと、コウペンちゃんフィギュアです。ありがとうございます。Sさんが提供した景品は、林檎と窓の零さんの元へ迎えられたそうです。ネタっぽい物だと聞いた気がする。
woRksさんは、抽選会の景品を提供するのもしないのも自由でとてもフリーダムゆるゆるなイベントですが、油断してると「次回のパンフの表紙を描いてもらいます賞」が当たるのでみんなフラグを立てたり折ったりしながら抽選を見守っていました。「今日は当たらない気がするんだ」と言ってた人が当たったりしてましたね!

<嬉しかったこと>
「1,2を読んで続きが読みたかったので待ってた」と言って3,4,5をまとめてお買い求めくださった方が、たくさん!たくさんいらっしゃって!!!(※個人の印象です)
すごい…すごいことじゃないですか…あんな前に出した1,2の、続きを5年ぶりに…うっうっwoRks参加して良かった゜*。(*´Д`)。*°
それから、woRksさんには休憩スペースが会場の中央にどーんと用意されているのですが…、たぶん初めましての方がここドラをさっとお手に取ってくださり(さすが!お目が高いですね!それイチオシですよ!)、ついでにもう一冊おためしという感じで「月主のそら」をお持ちくださって、そしてなんと、当日すぐに会場内で読んでおまけに感想を!感想のお手紙をその場でくださったのです。感激のあまり両手でお手を握り締めてしまいました…ききき気持ち悪いやつで大変失礼いたしました…。薄いペラいコピー本を100円で出す真価がここに発揮されましたね。

<傾向とか>
woRksさんはもともと「プチプラわいわいイベント」だと思っていて、その傾向は変わってなかったなという印象です。うちのスペースでもかなり本を気にかけていただいたご様子ながら、最後にお値段で躊躇してしまう人が少なからずいらっしゃってあああ〜申し訳ない〜〜となったり、ゴブガリだった100円ぺらぺらコピー本を賑わいのために持参してたらあっさり完売してしまって更に「お品書きツイートで見てほしかった」と言ってくださった方までいらっしゃったり、プチプラ強いです。
それから、グッズ人気がありますね。グッズ系サークルさんもにぎわって見えました。グッズでもプチプラじゃないラインナップだとどういう傾向だったのかちょっと興味があります。主催さんはグッズ系サークルが伸びてきているとおっしゃっていましたが、私はグッズ系のフリマはもともと同人系とは別で普及していた認識で、「一次創作よろず」なイベントによってそこの境界がにじんできているのが現状だと感じています。あとはイベントの参加費と参加人数とのバランスなんだろうな…。

<今後の予定>
2018年、年内のイベント関係はこれにて終了です。今年も一年、本当にお世話になりました。10月には転勤があって大きくテリトリーが変わったので、ここからまた一年生の気持ちで活動していきたいなと思っています。
本を作りたい人と本を買いたい人がたくさん集まるイベントということで、年明けは2月のElysianから参加します! こちらも久々だから全然予想ができませんが、二次創作が強いイベントだったと思いますが一次もじわっと頑張っていると聞いたので、雰囲気を楽しみに行こうと思ってます。よろしくお願いします。
それから3月は浅草のテキレボ8です。初の遠征参加ですよ〜初々しいですね\(^o^)/ テキレボは通販に似たシステム「お買い物代行サービス」を展開していて、Webカタログからテキレボで頒布されるアイテムを全国どこからでも購入申し込みできてしまうのが特筆すべき魅力だと思います。こちらもぜひチェックしてみてくださいね!
テキレボに向けた活動はすでに始動していて、上述の万年筆の企画本もそのひとつなんですが、色々と企画が盛りだくさんで楽しいイベントになると思います。もし私に余裕があったら、またお知らせのブログを更新しに参りますのでよろしくお願いいたします。
posted by SかK at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184884638
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック