2013年04月03日

黒にんにく比較(K)

3月の終わり頃から、黒にんにくというのを試しています。

祖母が、共同購入で一度だけ扱った田子の黒にんにくというのをとても気に入って
近くの店では売ってないのでネットで調べて欲しい、と頼まれたのがきっかけです。
疲労回復や風邪予防に効果があって、冷えが解消されるらしい…と聞きました。
ちょうど私もタフなリハが始まって筋肉痛と疲労にだるだるになっていたのもあり
お試しセットをあれこれネットでポチってみて、こつこつ食べ比べてみました。

見た目の形は普通のにんにくで、皮を剥くと中身が真っ黒、しっとりした炭のよう。
食べるとドライフルーツのプルーンなんかに近い風味と食感で、意外にも
ジューシーでフレッシュ、見た目や名前よりもかなり食べやすい印象でした(笑)
ある一定の温度や湿度の条件下で生にんにくをしばらく熟成させたらこうなる
そうです。ベテランになると、自分で普通のにんにくを炊飯器で熟成させるとか。
私はまだまだ初心者でございます。

まだ3店目ですが、食べ比べてみて思ったのはかなり違いがあるということでした。
基本的に元が生にんにくなので、にんにく本体がしっかり美味しいと黒にんにくも
美味しいようです。産地にこだわる価値は十分ある気がしました。
外国産にんにくを地元で加工して特産品として扱っている某県の黒にんにくは
プルーンというよりレーズンな感じで味気なく小粒で、ちょっと残念。

にんにくの産地として生にんにくの出荷も扱っている店の黒にんにくは、
とても大粒で味をしっかり感じました。何より体感する効果に差がある気がする。
効果に関しては「個人の感想です」レベルなので何とも言えませんが(笑)
味や食感に関しても、味気ない方がサプリとして食べやすいという人もいそう。

にんにく臭は、正直、ゼロではないと思いますが、にんにく臭というよりは
香りの強い食品、といった感じで食べる時はほとんど気になりません。
食べにくさはまったくないと思います。また、商品説明にもしつこく明記されて
いる通り(笑)、食べて30分もすれば残り香的な匂いも消えます。
食前に食べると残り香ほぼゼロなので、朝出勤する人なら食前が良さそうです。
でも多分、漢方的に考えたら食間に摂るのがいいんだろうなぁと思ってます。

あとはにんにく丸ごと玉売りだったり、一片ずつになってバラ売りしてたり、
密封パックに小分けされてたり、大小混ざって売っていたり色々なので、
自分の食べやすい味と形というか状態のものを選べばいいのかな、と思いました。

もう少し試してみながら、続けやすいコスパの商品を選ぼうと思います。
posted by SかK at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | メール投稿